男性の紫外線対策!日焼け止めクリームの種類と選び方

男性の紫外線対策

日差しが強くなってきた季節、いざ日焼け止めクリームを買おう思っても、店内にずらーと並ぶ商品を見て、どれを選んでいいか迷ってしまったことはありませんか?

今回は、男性の紫外線対策として、日焼け止めクリームの種類と選び方についてまとめました。

日焼け止めクリームに「男性用」「女性用」の区別はあるのか?

日焼け止めクリーム男性用

店頭に並んでいる日焼け止めクリームを見ると、どれも女性用なのでは?!と感じてしまうほど、かわいらしいパッケージのものが多いですよね。

購入を躊躇してしまう男性もいることから、最近では男性用日焼け止めクリームとして販売されているものも増えてきました。

男性向けに作られているものは、「白くならない(白浮き)」「さらっとした使い心地」「汗に強い」「せっけんで洗い落とせる」といった感じで、男性が使いやすい使用感で構成されています。

しかし、実際は、日焼け止めクリームに男女の区別はありません。日焼け止めクリームを選ぶ基準は、「利用シーン」「利用目的」「肌タイプ」です。

様々な種類がラインナップされていますので、男女で区別するのではなく、基準に合わせて選ぶことが大切です!

では、その基準の材料になる情報を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

日焼け止めに表示されてる「SPF」「PA」って何?

SPFとPA

日焼け止めを選ぼうとしたときに、一度は「SPF」や「PA」などの文字を目にしたことはありませんか?

これはどういう意味だろうと疑問に感じつつ、あまり気にせず買っている方もいるかもしれませんね。

しかし、大切な素肌を守る為には、この「SPF」と「PA」の意味を知って、正しく
選ぶことが大切です。

SPFは、UVB(紫外線B波)を、防ぐ程度を示していて、数値が大きい程、日焼けを防止する時間が長くなります。

UVBの作用

  • 浴びると肌が赤く炎症を起こす。
  • 炎症を繰り返すことで皮膚がんの原因になる。
  • 波長が短く皮膚表面のメラニンを刺激するので、シミやそばかすの原因になる。

次にPAは、UVA(紫外線A波)を、防ぐ程度を示しています。効果の度合いは、PA+~PA++++の、4段階あり、+の数が多い程高い効果が得られます。

UVAの作用

  • 赤みや炎症を起こさないので、刺激に気づきづらい。
  • 長い波長で、雲や窓ガラスも通り抜ける。
  • 肌の奥に届き、肌弾力を生むコラーゲンなどを生成する細胞に損傷を与え、シワ、たるみの原因となる。
  • メラニン色素の合成を促すので、シミやそばかすの原因になる。

しかし、このSPFとPAの数値が、高ければ良いというものではなく、効果が高い分、刺激の強い成分が含まれている場合があるので、利用シーンに合わせて使い分けをすることをおすすめします。

これらの数値を目安に選ぶとよいでしょう。

  • 日常生活、肌の弱い方 SPF20~25・PA++
  • 軽めのスポーツ・レジャー SPF25~30・PA++
  • リゾート地など日差しや炎天下・紫外線の強い場所 SPF30以上・PA+++

日焼け止め全7種!男性にオススメする種類と選び方

日焼け止め 男性

日焼け止めには、クリームタイプやジェルタイプなど、様々な種類がありますので、利用シーンや肌質(もしくは好みの質感)に合わせて選ぶことが大切です。

では、日焼け止めの種類をその特徴を紹介します!

1:クリームタイプ

最も一般的な、日焼け止めは、クリームタイプです。

しっかりと肌に密着し、汗や水に強く、落ちにくいというメリットがあります。

しかし、他のタイプに比べ、白浮きしやすい点がデメリットです。男性で「顔や首が白くなると恥ずかしい」と思う場合は、他のタイプを選択するようにしましょう。

長時間日差しの強い屋外にいるなど、高い紫外線防止効果を期待している場合は、クリームタイプがおすすめです。強力な分、せっけんやボディソープで、洗い落とせないため、オイルタイプのメイククレンジングで洗う必要があります。

また、保湿効果が高いので乾燥肌の方が使うと、しっとりした感触になります。逆に、成分として油分が多いので、脂性肌やニキビ肌の場合は、べたつきやテカリを強く感じてしまうので薄く塗布する必要があります。

2:ミルクタイプ

ミルクタイプは、全身用として日常使いに適しています。

とても伸びがいいので塗りやすく、他のタイプに比べ肌なじみが良いので、顔だけでなく身体にも塗りやすく便利です。

また、クリームタイプよりもベタつきや密着度が少なく、脂性肌の方でもスムーズな感触で使うことができます。

日差しの強さや外出時間に合わせて、重ね塗りや塗りなおしをすることで、紫外線防止効果がアップします。

ただ、ミルクタイプの中でも、白浮きしやすいものがあるので、店頭のテスターを使って使用感を確かめるとよいでしょう。

3:ローションタイプ

日焼け止めローション男性

一番肌当たりが優しいのが、ローションタイプです。化粧水のような質感で、日々の紫外線対策に簡単に取り入れることができます。

しかし、化粧水のような使い心地のため落ちやすく、SPFなど紫外線防止効果も低いものが多いです。

そのため、敏感肌の方やクリームを塗った感触が苦手な方や、普段の軽い外出時にサッと塗ってケアするという使い方には向きますが、日差しの強い屋外などで、長時間行動する場合には向きません。

4:ジェルタイプ

非常にさっぱりして、白浮きしないのが、ジェルタイプです。色が半透明~透明なので白浮きする心配もなく、伸びもよいので全身に使うこともできます。

日焼け止め特有の塗った後のべたつき感や重たさがなく、さっぱりした仕上がりになります。成分として、水分が多く油分は少ないので、クリームタイプやミルクタイプに比べ、保湿力は乏しいと言えるでしょう。

実は、紫外線を吸収する刺激が強い成分を配合しているものもあり、敏感肌や乾燥肌の方は、炎症や肌荒れの原因になる可能性があります。

肌荒れなどを起こしていない、普通肌~脂性肌の方で、白浮きしない、さっぱりとした感触・強い紫外線防止効果を望む方におすすめです。

5:スプレータイプ

日焼け止めクリームメンズ用

吹きかけるだけで手を汚さずに、全身使いができるのがスプレータイプです。

高い紫外線防止効果があるものが多く、白浮きせず、広範囲にも広がりやすいので、背中や髪の毛など、手では塗りにくい部位に塗布できます。

気軽に塗りなおしに使えますが、塗りムラができやすいという難点があるので、塗布後は手のひらで、押さえるようになじませましょう。

顔にかける場合、目や口に入る可能性があるので、手のひらに取ってから塗布する必要があります。

6:パウダータイプ

女性のメイク直しで使われることが多いのがパウダータイプですが、塗るタイプが苦手な方は、パウダータイプをおすすめします。

パウダーをパフに取り顔に撫で付けるだけなので、早く簡単に塗布できますが、その分汗などで落ちやすいです。

刺激の少ない肌に優しい成分が使われているため、敏感肌の方でも使うことができますが、防止効果は低いです。

7:ウォータープルーフタイプ

ウォータープルーフの日焼け止めは、水や汗でも落ちないので、海や炎天下で過ごす際に最適です。

クリームタイプのしっかり肌に密着するものが多いので、洗う時は、ジェルかオイルタイプのメイク落としを使用しないと、洗い落とせません。

男性の場合、メイク落としをもっていない方がほとんどだと思います。そんな時は、オリーブオイルを数分間塗布してなじませた後、いつも通りせっけんで洗うとよいでしょう。

いかがでしたか?

7種類のタイプをご紹介しましたが、塗った時の質感や、紫外線防止効果が強弱など、さまざまな違いがあります。

普段使いにはミルクやジェルタイプ、レジャーにはクリームタイプといった感じで、生活シーンや使用目的によって、上手く使い分けると良いでしょう!

できれば、店頭のテスターを使って使用感をチェックして、使い心地のよいものを選択するようにしましょう。

紫外線対策を徹底しよう!日焼け止めクリームの使い方のポイント

男性日焼け赤いシミ

塗るポイントは、日差しを受けやすい額・鼻周り・頬・顎下など、露出している部分に、多めに塗るのがポイントです。

日差しの強いは、気温が上がると同時に、汗の量も増えます。汗を何度もふき取ることで、塗った日焼け止めクリームも落ちてしまいます。

また、時間が経過すると紫外線防止効果も薄れていくので、徹底した紫外線対策のために、こまめに塗り直すことが、とても重要なのです。日差しの強さや外出時間に合わせて、重ね塗りや、塗り直しをすることで、紫外線防止効果をアップさせましょう!

紫外線量は、天候や季節によって変動しますが、一年中地上に降り注いでいます。美肌を保つために、適切な日焼け止めクリームを使って、常に紫外線対策をすることが必要です。

男性のシミ対策はピールショットで日頃のケアから!

男性シミ対策シミナクス

シミの大きな原因になってしまう、日ごろの習慣でダメージを受けた肌には、男性特有の肌質にあったスキンケアが必要です。

美白、シミ予防、新陳代謝促進、老化防止、ニキビケアなど、男の肌悩みをトータルにケアできる「医薬部外品」のスキンケア化粧品があれば、すぐに使ってみたいと思いませんか?

そこでご紹介するのが、男性肌のシミ対策に特化した医薬部外化粧品のピールショットです!

男の加齢による変化に着目して配合された、シミナクスの成分とその作用は、男性の肌質や男性特有のシミのケアに適したものです。

シミはケアせずに放って置くと、大きく濃く成長します。さらに、数も増えていくので、早めのシミケアが重要です。

シミの成長を早めに抑えるスペシャルケアを、日々のお手入れに取り入れてくださいね。

ピールショット】の詳細はこちら。


コメントを残す